ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ メールマガジン 岡山県立美術館メールマガジン 第48号(2018年11月01日)

岡山県立美術館メールマガジン 第48号(2018年11月01日)

メールマガジンバックナンバー
岡山県立美術館メールマガジン 第48号(2018年11月01日)

岡山県立美術館 メールマガジン第48号



◇岡山県立美術館公式SNSアカウント 絶賛発信中!
Facebook:https://www.facebook.com/okayama.kenbi/
Twitter:https://twitter.com/okayama_kenbi
Instagram:https://www.instagram.com/okayama_kenbi/


◇休館日 
11月
月曜日(ただし、11月12日、19日は開館日)、11月5日(月曜日)から8日(木曜日)まで
12月
月曜日(ただし、12月24日は開館日)、12月25日(火曜日)、12月28日(金曜日)から1月4日(金曜日)まで

◇夜間開館日:
11月30日(金曜日)



――目次――

1 展覧会情報
2 イベント情報
3 ミュージアムショップ・カフェからのお知らせ
4 お得情報!



――展覧会情報――

▼特別展「新たな表現をめざして 創作版画が歩んだ道のり 和歌山県立近代美術館コレクションを中心に」

会 期:開催中〜11月4日(日曜日)
会 場:2階展示室

職人による分業体制で制作される浮世絵という木版画の伝統があった日本では、明治維新以降、全工程を一人の作家が手がける新しい版画の思想が西洋からもたらされ、近代的な美術表現としての版画制作が追求されるようになりました。この新しい試みは創作版画と呼ばれ、様々な作家たちが「自画・自刻・自摺」をモットーに、約半世紀に渡って版画の持つ独特の表現を活かした作品の制作に取り組みました。本展では、和歌山県立近代美術館が所蔵する国内屈指のコレクションから厳選された作品を紹介します。あわせて当館が収蔵する棟方志功と森谷南人子の作品も出品し、郷土ゆかりの作家の活動もふまえながら、近代日本に花開いた創作版画の魅力に迫ります。
http://okayama-kenbi.info/exh_20181005/


▼「大久保英治展 日常の歩行―伽耶六国から吉備へ―」

会 期:開催中〜11月4日(日曜日)
会 場:地下1階展示室

大久保英治(1944-)は兵庫県西宮市に生まれ、幼少時から高校在学時まで岡山県矢掛町に育ち、現在大阪市に在住する美術作家です。自然の中でその地の歴史や文化を感じ取る作品を、国内外で発表してきました。韓国での制作は1980年代以降の長期間で、本展では韓国を題材にした、また韓国で制作した、これまでの作品を通観します。そして鬼ノ城や朝鮮通信使の歴史を踏まえて、岡山(吉備)と韓国(伽耶六国)をつなぐ新作をご覧ください。関連展示として、2017年に大久保とともにワークショップを実施した、朴徹鎬(パク・チョルホ)と申京愛(シン・キョンエ)の作品を紹介します。
http://okayama-kenbi.info/okabi_20180926_ookubo/

※本展示は同時期開催の「創作版画が歩んだ道のり」の観覧券で入場いただけます。
・「創作版画が歩んだ道のり」観覧券有効期間:10月5日(金曜日)〜11月4日(日曜日)


▼「岡山の美術」第2期 

会 期:開催中〜11月4日(日曜日)
会 場:地下1階展示室

【洋  画】佐藤一章(矢掛町出身)
【工  芸】平櫛田中(井原市出身)
【現代美術】朴徹鎬、申京愛
http://okayama-kenbi.info/syuzouhin.html


▼「第8回I氏賞受賞作家展 有永浩太・安中仁美・入江早耶・樫尾聡美」

会 期:11月9日(金曜日)〜12月9日(日曜日)
会 場:2階展示室

岡山県新進美術家養成「I氏賞」は、岡山県にゆかりのある新進作家の創作活動を支援し、次代を担う美術家を育成することを目指しています。これまでに、大賞11名、奨励賞22名の作家に賞を贈呈するとともに、受賞者の活動を紹介する展覧会を2010年から岡山県立美術館で開催しています。
このたびは、第7回(2013年度)・第8回(2014年度)「I氏賞」奨励賞受賞者の作品をご覧いただきます。繊細な表現と端正なフォルムを備えたガラス造形の有永浩太、印象的な画面構成で物語性のある油彩画を描く安中仁美、絵画を消し去り彫刻に移すなど斬新な感覚で緻密な造形に取り組む入江早耶、伝統的な染色表現を自由な形態で空間へと展開させる樫尾聡美、彼らの作品には、時間を忘れて見つめ続けたくなるような魅力があります。
受賞時からさらに深化した四人の作家の表現に、ぜひご注目ください。
http://okayama-kenbi.info/okabi_20181109_ishisyou8/

※11月15日(木曜日)〜12月2日(日曜日)は「第65回日本伝統工芸展岡山展」のチケットでご覧いただけます。


▼「もっと伝統工芸 作品の模造」

会 期:11月9日(金曜日)〜12月9日(日曜日)
会 場:2階展示室

伝統工芸の作家たちは、自らの技術の鍛錬のため、あるいは文化財の継承や保存のために過去の優れた作品を模造することがあります。本展ではそうした活動の一端をご紹介します。
六角紫水(漆芸)と大阪弘道(木工)&おとなり美術館(古代ガラスの復元)など。

※11月15日(木曜日)〜12月2日(日曜日)は「第65回日本伝統工芸展岡山展」のチケットでご覧いただけます。


▼「岡山の美術」第2期 

会 期:11月9日(金曜日)〜12月9日(日曜日)
会 場:2階展示室

【日本画】「古画を写す、学ぶ、描く」狩野探幽、山岡山泉、林皓幹
http://okayama-kenbi.info/syuzouhin.html


▼特別展「第65回日本伝統工芸展岡山展」

会 期:11月15日(木曜日)〜12月2日(日曜日)
    ※11月15日(木曜日)は10時より開館
会 場:地下1階展示室

日本伝統工芸展は、わが国の優れた工芸技術を保護育成するために開催されている国内最大規模の工芸展です。岡山会場では、各部門の入賞作品の他、重要無形文化財保持者(人間国宝)、審・鑑査委員、特待者、中四国在住者の作品を中心に計274点を展覧します。作家の創意工夫と卓越した技術により創り出された優品をお楽しみください。関連事業も多数開催します。
http://okayama-kenbi.info/exh_20181115/



――イベント情報――

▼「大久保英治展」関連イベント

【フロアレクチャー】担当学芸員による展覧会解説
日 時:11月3日(土曜日・祝日)
    14時〜15時30分
会 場:地下1階講義室、地下1階展示室 ※要観覧券
定 員:当日先着70名
講 師:廣瀬就久(当館学芸員)


▼「新たな表現をめざして 創作版画が歩んだ道のり 和歌山県立近代美術館コレクションを中心に」関連イベント

【フロアレクチャー】
日 時:11月4日(日曜日)
    14時〜15時30分
会 場:2階展示室 ※要観覧券
講 師:石田すみれ(当館学芸員)


▼「第8回I氏賞受賞作家展 有永浩太・安中仁美・入江早耶・樫尾聡美」関連イベント

【アーティストトーク】
出品作家4名が自身の作品についてお話します。
日 時:11月10日(土曜日)
    14時〜
会 場:2階展示室 ※要観覧券
講 師:有永浩太氏、安中仁美氏、入江早耶氏、樫尾聡美氏(出品作家)


▼「第65回日本伝統工芸展岡山展」関連イベント

【列品解説会】
会 場:いずれも地下1階展示室 ※要観覧券
〇日 時:11月15日(木曜日)
     11時〜
 講 師:金城一国斎氏(朝日新聞社賞受賞作家、広島・漆芸)
〇日 時:11月17日(土曜日)
     13時30分〜
 講 師:佐故龍平氏(出品作家、岡山・金工)
〇日 時:11月18日(日曜日)
     13時30分〜
 講 師:川北浩彦氏(鑑査委員、石川・木工)
〇日 時:11月23日(金曜日)
     13時30分〜
 講 師:粟根仁志氏(鑑査委員、広島・諸工芸)
〇日 時:11月24日(土曜日)
     13時30分〜
 講 師:鈴田滋人氏(重要無形文化財保持者・審査委員・鑑査委員、佐賀・染織)
〇日 時:11月25日(日曜日)
     13時30分〜
 講 師:花里麻理氏(鑑査委員、茨城県陶芸美術館首席学芸員・陶芸)
〇日 時:12月1日(土曜日)
     13時30分〜
 講 師:森丁斎氏(出品作家、岡山・備前焼)
〇日 時:12月2日(日曜日)
     13時30分〜
 講 師:部谷きよみ氏(出品作家、広島・人形)

【ギャラリートーク】
日 時:11月23日(金曜日)
    11時〜
会 場:地下1階展示室 ※要観覧券
講 師:迫田岳臣氏(ガラス作家)

【デビュートーク】
会 場:いずれも地下1階展示室 ※要観覧券
〇日 時:11月24日(土曜日)
     11時〜
講 師:木山昌吾氏(出品作家、岡山・木工)
〇日 時:12月1日(土曜日)
     11時〜
講 師:野間清仁氏(出品作家、岡山・木工)

【美術の夕べ】(手話通訳付)
日 時:11月30日(金曜日)
    18時〜
講 師:福冨幸(担当学芸員)

【フリーワークショップ】つくってわくわく わーくしょっぷ
オリジナルブレスレットやフォトフレームづくり、機織り、組み紐、糸紡ぎの体験ができます。
日 時:11月18日(日曜日)、25日(日曜日)、12月2日(日曜日)
    10時〜16時 ※いずれも申込不要、無料
会 場:地下1階屋内広場
対 象:幼児から一般まで、どなたでもお気軽にご参加いただけます(幼児は保護者同伴)

【染色体験ワークショップ】
1.「藍たま染め!」 ※要申込、先着順
 日 時:11月25日(日曜日)
     13時30分〜15時30分
 会 場:地下1階研修室
 定 員:20名
 対 象:小学生以上
 参加費:500円
 詳しくは下記リンクをご覧ください(PDFが開きます)
 http://okayama-kenbi.info/exh_20181115/aitamaWS.pdf
2.「マーブル模様のオリジナルハンカチ」 ※要申込、先着順
 日 時:12月2日(日曜日)
     13時30分〜15時30分
 会 場:地下1階研修室
定 員:20名
対 象:小学生以上
参加費:500円
詳しくは下記リンクをご覧ください(PDFが開きます)
http://okayama-kenbi.info/exh_20181115/marbleWS.pdf

【関連映画会】「備前焼 伊勢崎淳の挑戦 ‐伝統と革新のはざまで‐」
「蒔絵 室瀬和美 時を超える美」
会 場:地下1階ホワイエ 会期中随時上映 ※各約35分、無料
協 力:公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団

【託児サービスのお知らせ】
「第65回日本伝統工芸展岡山展」と連動して、小さなお子様連れのお客様を対象に託児サービスを行います。実施にあたっては、株式会社マイスタイル様のご協力のもと安全に配慮した保育を行いますので、ゆっくりと美術鑑賞をお楽しみください。
実施日:11月23日(金曜日・祝日) (申込締切:11月20日(火曜日)16時まで)
時 間:13時〜16時30分
対 象:6ヶ月〜就学前まで
定 員:7名 ※要予約、無料
※詳細、申込方法についてはこちら
http://okayama-kenbi.info/exh_20181115/
※問い合わせ先
 岡山県立美術館 総務課
 TEL 086−225−4800
 FAX 086−224−0648



――ミュージアムショップ、ミュージアムカフェからのお知らせ――

▼ミュージアムショップ KENBI CIFAKA(ケンビ シファカ)より
今回はただいま人気の「レースタオルハンカチ」のご紹介です!岡山の工場でつくられたレースを使用した上品でやさしい手触りは、プレゼントにもおすすめな一品です。
http://okayama-kenbi.info/shop.html

▼ミュージアムカフェ ちゃい夢より
ちゃい夢の人気商品「レディースワッフルセット(900円)」!セットドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュースの中からお好きなものを選んでお楽しみいただけます。寒い日はあったかい飲み物と一緒に食べたくなる、やさしい甘さのワッフルです。
http://okayama-kenbi.info/cafe.html



――お得情報!――

◎お会計の際にこのメルマガ画面もしくはプリントアウトしたものをご提示ください。

☆岡山の美術展(常設展)特別割引
このメルマガをご提示いただいたメール会員様は当日料金から2割引!
※他の割引とは併用できませんのでご注意ください。

☆ミュージアムショップ KENBI CIFAKAからのプレゼント
ミュージアムショップ KENBI CIFAKAで合計金額2,000円(税抜)以上、
お買い求めのお客様にショップ特製グッズをプレゼント。

☆ミュージアムカフェ ちゃい夢 特別割引
ミュージアムカフェ ちゃい夢で合計金額600円以上ご飲食の場合、
50円割引になります。
※他の割引とは併用できませんのでご注意ください。



******************************************************************
発行:岡山県立美術館 TEL086-225-4800 FAX086-224-0648

配信停止、登録内容の変更は次のURLからログインしてください。
https://sslweb.pref.okayama.jp/mailmaga/

岡山県立美術館のHP (最新情報はこちらでチェック!)
http://okayama-kenbi.info/

メールマガジンへのご意見・お問い合わせはこちら
kocho_mg@pref.okayama.jp

※このメールマガジンに掲載された記事の無断転載を禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォント(MSゴシックなど)で見ること
 をおすすめします。
******************************************************************
メールマガジン 岡山県立美術館メールマガジン
送信日時 2018年11月01日 10時00分
トップページ メールマガジン 岡山県立美術館メールマガジン 第48号(2018年11月01日)